4. ダイオードの取り付け

まずは裏面から実装(電子部品を半田付け)していきます。

知っておきたいこと

  • ダイオードは各キースイッチの動作を正しく認識するためにつけます
  • ダイオードには向きがあります(一方向にしか電流を流さない)
  • ダイオードの向きが逆だと、対応するキースイッチが反応しないので向きに注意してください
  • SMDダイオードも使用可能です

ダイオードを折り曲げる

  • 付属のダイオードベンダーで折り曲げる。

    • 穴に合わせて乗せる

    • 挟む

    • 机の角などを利用して

    • 折り曲げる

    • 両方とも折り曲げる

  • 市販のリードベンダーで曲げてもOKです。

  • 折り曲がったダイオードたちが出来上がればOKです。

ダイオードを取り付ける

ダイオードは裏面から差し込みます。

裏面(“Right/Back”, “Left/Back"が見える面)を上に向けます。

ダイオードを差し込む

  • 三角と棒を組み合わせたマークがダイオードです。
  • 三角の先の棒と、ダイオードの黒くなっている方を合わせます。
  • 全てのダイオードは同じ向きになっています。
  • ダイオードを全て差し込んだ状態。

ダイオードが浮かないようにマスキングテープで固定する

  • マスキングテープを貼る前にもう一度ダイオードの向きを確認してください!
  • ダイオードが浮いていると高さが出てしまい、ボトムプレートに当たってしまうことがあるので丁寧に!

ハンダ付け

  • ひっくり返して表側からハンダ付けをしていきます。

  • ハンダ付け。

  • ニッパーで足を切る。

  • 足を切った状態。

  • 全ての足を切る。

  • マスキングテープを外して完成。

※ハンダ付けの前に足を切るやり方もあります。お好みで行ってください。


→ 5. キースイッチソケットの取り付け


Last modified July 2, 2020