7. ProMicroの取り付け

コンスルーの取り付け

  • ProMicroの平らな面を上になるようにします

  • コンスルーには向きがあります。窓がある方をProMicro側にします

  • また、窓が同じ方向にあるようにしてください

  • はんだ付けをします。Pro Microとコンスルーの間に隙間が空かないように気をつけてください。

※注意
コンスルーの抜き差しは、同一スルーホール穴に対して50回以下となっています。
頻繁な抜き差しは控え、丁寧に扱うようご注意ください。

ProMicroの取り付け

  • 図のようにシルク沿って差し込んでください

動作確認

ここで一旦、動作確認をしていきます。

接続

  • TRRS or TRSケーブルで左右をつなげます
  • PCとキーボードをUSBケーブルでつなげます(左側につけてください)

確認

  • GoogleChromeでRemapを開いてください
  • 拡張機能などでアルファベットに対してショートカットキーが割り当てられていると干渉する場合があります。そのような拡張機能はオフにしておいてください(Vimiumなど)
  • 「START REMAP FOR YOUR KEYBOARD」をクリック

  • 「+KEYBOARD」をクリック

  • 「wings42」を選択して、「接続」をクリック

  • キーボード画像右下の「・・・」から「Test Matrix Mode」を選択

  • 各キーを押して、正常にPCに送信されていると色がつきます

  • 全てのキーに色がつくことを確認してください

  • 反応しないキーは正常に動いていません
    • 下記を確認しください
      • ダイオードが正しい向きでついている
      • ダイオードのはんだ付けがされている
      • キースイッチがはんだ付けされている
    • 正しくつけられているように見えても、はんだ付けがうまくいってない場合があります
      • ダイオードのハンダをハンダゴテで温め直してみてください
      • キースイッチのハンダをハンダゴテで温め直してみてください
    • これでも治らない場合はサポートしますのでご連絡ください

その他の方法

  • GoogleChromeが使えないなどの事情がある場合は、テキストエディタやキーボードビューアなどで各キーが入力されるか確認してください。

→ 8. プレートの取り付け


Last modified January 1, 0001