無線接続

※wings42ベータ1では基板内の配線が違うため、このプレートは使うことができません。
ベータ2以降の対応になります。


使用するマイコンをProMicroから「BLE Micro Pro」(以下BMP)というBluetooh対応のマイコンに乗せかえると無線化を実現できます。

公式サイトが充実しているので、まずはこちらをご確認ください。
はじめに - BLE Micro Pro

wings42で使用するためには、BMPで使用する電源を取得するために「wings42用 BMPバッテリープレートセット」を使用します。

このようにスッキリとバッテリーがつけられて、手軽に無線化が実現できます!

必要な部品

BMPバッテリープレートの実装

コンデンサとショットキーバリアダイオードの実装

  • ダイオードはキーボード本体のダイオードとは種類が違うので注意してください
  • シルクがわかりにくいですが、写真の左側がダイオードのカソード(縦線が入っている方)になります。 コンデンサとダイオード

電池ホルダの実装

  • 表から取り付け

  • 裏からはんだ付けをします

スライドスイッチの取り付け

CR1632電池を入れる

  • 上が+になっています

BMP、バッテリープレートの取り付け

BMPの取り付け

  • ProMicroを取り外し、BMPを取り付けます
  • 12ピンの場合は矢印のように上詰めしてください

バッテリープレートの取り付け

  • BMPの上からバッテリープレートを被せます
  • ねじ付きのスペーサーを取り付けます。スリわりがついているのでマイナスドライバーを使うととめやすいです。

カバープレートの取り付け

  • 一番上にカバープレートを取り付けます

スイッチ

  • スイッチは白丸がある方がONです

ファームウェア


Last modified January 1, 0001